ワークス

2020年06月27日

トラック数の数え方、Premiere篇

当サービスの見積もりを出す際に必要なトラック数の数え方、
今回はAdobe Premiereを使用されている場合についてご説明します。

 

Premiereは環境設定・シーケンス設定によってトラックのch属性が異なります。
しかも初めに設定しないと、後から変更できなかったり。。
細かな設定は、現役エディター・小枝さんのこちらのサイトが詳しいです。ご参照ください。

 


 

例えば上図のようなシーケンスの場合
(チャンネル形式はステレオのシーケンス設定になっています)

 

同録 = 2トラック

BGM = 2トラック

SE = 2トラック

ナレーション = 1トラック(L/Rが同一の音声であれば1トラック)

 

となるので、合計のトラック数は、7トラックになります。
(同録以外は1トラックと考えて頂いて結構です)


複雑なシーケンスで判断が難しい場合は、ひとまずオーディオのトラック数をそのまま入力ください。
こちらで確認しまして改めて正式な金額をお知らせします。
実際に作業をご依頼頂けるか否かは、その際にご判断頂いて結構です。

 

なお、OMF(またはAAF)の書き出し方につきましては「OMF/AFFと、その書き出しについて」をご参照ください。

 

不明な点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。
リモートMAの需要も高まりつつある昨今、皆様のご利用をお待ちしております!

Close